上映作品一覧>2012年7月〜12月
上映作品一覧
2012年7月〜12月
 『父の初七日』
父の初七日
父の死から葬儀までの喧騒の7日間を描いた優しさとユーモア溢れる傑作
舞台は台湾中部・彰化県の片田舎。突然の父の訃報に、台北で働く娘・アメイが帰省する。夜店を営む兄・ダージ、大学生の従弟・シャオチュアンが集まり、道士でもある叔父・アイーの指図で伝統的な道教式の葬儀が執り行われることになった。占いで決められた野辺送りの日は7日後。しかし、それから思いもよらない“父をおくる”旅が始まった。 古いしきたりに沿ったお葬式は、泣き女が過剰に泣くわ、楽隊が登場するわの、まるでお祭りのような大騒ぎ。理解できないことばかりだが、悲しみに浸る間もなく、なんとか一つ一つをこなしてゆくアメイの前に、父の恋人が現れて…!? そんな喧騒と混乱のなか、父とのたわいもない思い出がふと甦り、深い絆と寂しさに包まれるのだった。そしてついに7日目、別れの日がやってくる。
監督:ワン・ユーリン
2009年/台湾/92分 配給:太秦
7/6(金)〜7/8(※金、土、日 限定上映
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
11:0012:45 13:0014:45 15:0016:45 17:0018:45 19:0020:45
入場料金 前売券1300円 、当日券1700円
 [公式HP]
 『フラメンコ・フラメンコ』
フラメンコ・フラメンコ
名匠カルロス・サウラとヴィットリオ・ストラーロが魅せる
愛と情熱に彩られた華麗なるフラメンコの世界。
名実共に世界的巨匠と謳われるカルロス・サウラ監督と、“光の魔術師”という異名で称される撮影監督のヴィットリオ・ストラーロが初めてタッグを組んだ1994年の映画『フラメンコ』は、日本でもヒット作となり、フラメンコ熱を一気に加速させた。その後も『タンゴ』『サロメ』『ドン・ジョバンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い』などダンスと音楽をテーマにした作品を真摯に撮り続けてきた彼らが、『フラメンコ』から16年を経て、満を持して更なる進化と熟成を遂げたフラメンコの真髄に迫ったのが本作である。 テーマは「生命の光と旅」。 生命の旅とは、“音楽に乗って人間の一生を巡る”こと。人の誕生から晩年そして再生までを、多彩なフラメンコのパロ(曲種)を用い全21幕の構成で描き出す。哀愁に満ちた歌(カンテ)、情熱がほとばしる踊り(バイレ)、心に響き渡るギター。フラメンコ界の“神”と称されるマエストロたちが、新世代の豪華なアーティストたちと出会い、見事な共演によって華麗なるフラメンコの世界を体現する。本国スペインで“最高の芸術作品”と賞されるフラメンコ映画の決定版が、スペインに次ぐフラメンコ人口を誇る日本で幕を開ける。 
監督:カルロス・サウラ
2010年/スペイン/101分 配給:ショウゲート
7/13(金)〜7/22(※10日間連続上映
上映時間(入替上映) 1回目 2回目
11:0012:50 15:1017:00
入場料金 全国共通前売券1500円 、当日券1700円
前売特典 ベロアのシュシュ   (※数量限定 劇場窓口のみの特典)
 [公式HP]
  『ル・アーヴルの靴みがき』
ル・アーヴルの靴みがき
『浮き雲』 『過去のない男』のアキ・カウリスマキ監督最新作!
フランスの港町ル・アーヴルに生きる人々を描く人情ドラマの傑作!
パリでボヘミアン生活を送っていたマルセル・マルクスは今はル・アーヴルの駅前で靴をみがくことを生業としている。ある日、港にアフリカからの不法移民が乗ったコンテナが漂着する。警察の検挙をすり抜けた一人の少年との偶然の出会いがマルセルの人生にさざ波をおこす… 
監督:アキ・カウリスマキ
2011年/フィンランド・フランス・ドイツ合作/93分 配給:ユーロスペース
7/13(金)〜7/22(※10日間連続上映
上映時間(入替上映) 1回目 2回目
13:1014:50 17:2019:00
入場料金 前売券1300円 、当日券1700円
 [公式HP]
  『ポエトリー アグネスの詩』
ポエトリー アグネスの詩
オアシス シークレット・サンシャインなど、ヴェネチア・カンヌ国際映画祭で賞賛された
名匠イ・チャンドンの最高傑作。
釜山で働く娘に代わり中学生の孫息子ジョンウクを育てる66歳のミジャは、ふとしたきっかけで詩作教室に通い始めるが、その矢先に自分がアルツハイマー型認知症であることが発覚する。さらに、少し前に起こった女子中学生アグネスの自殺事件にジョンウクがかかわっていたことを知り、ショックを受けたミジャは、アグネスの足跡をたどっていくが…。 
監督:イ・チャンドン
2010年/韓国/139分 配給:シグロ/キノアイジャパン
7/27(金)〜7/29(※金、土、日 限定上映
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目
11:0013:25 13:4016:05 16:2018:45 19:0021:25
入場料金 前売券1400円 、当日券1700円
前売特典 特製ポストカード  (※数量限定 劇場窓口のみの特典)
 [公式HP]
 『ルルドの泉で』
ルルドの泉で
なぜ、彼女にだけ奇跡は起こったのか。
世界最大の巡礼地ルルド そこは奇跡を求めて人々が集う場所。
不治の病により長年車椅子生活を送ってきたクリスティーヌは、「奇蹟の水が湧き出る」ことで有名な聖地ルルドへのツアーに参加する。ルルドには、病を抱えた人や家族を亡くして孤独な老人、脳に障がいを抱えた少女などが“奇蹟”を求めて集まっていた。そんな中、熱心な信者とはいえないクリスティーヌになぜか奇蹟が起こる。突然立って歩けるようになった彼女は、お洒落をしたり、恋をしたりと「普通の女性」としての喜びを実感する。しかし、その奇蹟は、周りの人々の羨望や嫉妬といった様々な感情を引き起こすことになり…。フランスにある世界最大の巡礼地“ルルド”を舞台に、人類が語り続けている「奇蹟」を核として、それにまつわる人間模様を、ユーモアを効かせて描き上げたサスペンスフルドラマ。  
 ■2009年ヴェネチア国際映画祭 国際批評家連盟賞・シグニス賞など5部門受賞
監督:ジェシカ・ハウスナー
2009/オーストリア・フランス・ドイツ合作/99分 配給:エスパース・サロウ
8/3(金)〜8/5(※金、土、日 限定上映
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
11:0012:45 13:0014:45 15:0016:45 17:0018:45 19:0020:45
入場料金 前売券1300円 、当日券1700円
 [公式HP]
  『少年と自転車』
少年と自転車
第64回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した、名匠ダルデンヌ兄弟の最新作。
もうすぐ12歳 になる少年シリル。彼の願いは、自分を児童相談所へ預けた父親を見つけ出し、再び一緒に暮らすこと。ある日、シリルは美容師のサマンサと出会い、週末を彼 女の家で過ごすようになる。自転車で街を駆けまわり、サマンサと共にようやく父親を探しあてたシリルだったが、父親の態度はすげない。そればかりか、「二 度とここへくるな」と言い放たれる。シリルが実の親に再び捨てられる姿を目の当たりにしたサマンサは、恋人との間に軋轢を生んでしまうほど、それ以上にシ リルと真摯に向き合うようになる。サマンサとのふれあいのなかで、シリルの心も変化し始める。だが、シリルが起こしたある事件がきっかけでシリルは窮地に 追い込まれる―。 
 ?■第64回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞
監督・脚本:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
2011/ベルギー/フランス/イタリア/87分 配給:ビターズ・エンド
8/10(金)〜8/19(※10日間連続上映
上映時間(入替上映) 1回目 2回目
11:0012:35 15:2016:55
入場料金 全国共通前売券1500円 、当日券1700円
 [公式HP]
  『私が、生きる肌』 
私が、生きる肌
巨匠アルモドバルが辿り着いた 最高傑作であり、究極の問題作。
 最愛の妻を亡くして以来、完ぺきな肌の開発研究に打ち込む天才形成外科医のロベル。あらゆるモラルを打ち捨ててしまった彼は、ある人物を監禁して禁断の実験に取り掛かることに。それは開発中の人工皮膚を全身にくまなく移植して、数奇な運命をたどるヒロインを妻そっくりの美女を作り上げていく。着々と妻の代役を創造させていくロベルだったが、思いも寄らぬ事態が起こってしまう。
主演:アントニオ・バンデラス
監督:ペドロ・アルモドバル  衣装:ジャン=ポール・ゴルチエ
2011/スペイン/120分 配給:ブロードメディア・スタジオ
8/10(金)〜8/19(※10日間連続上映
上映時間(入替上映) 1回目 2回目
12:5515:00 17:1519:20
入場料金 全国共通前売券1500円 、当日券1700円
 [公式HP]
  『ミツコ感覚』
ミツコ感覚
ソフトバンクモバイル「白戸家」シリーズのCMを手がけたクリエイター山内ケンジの長編映画デビュー作。
東京郊外。袋小路のような街で暮らす二人姉妹。 姉のエミはこの町の小さな会社のOLで上司・松原と不倫関係に陥っている。 妹のミツコは写真学校の学生だが、就職の道もなく、街のスナックに勤め始める。 ある日、挙動不審の怪しい男・三浦が現れミツコに異常な関心を寄せてくる。 恐れるミツコ。だが、エミは三浦の嘘を信じて受け入れてしまう・・・。 ミツコ、エミ、松原、三浦を絡めた不安定な関係が転がり始める― 
監督・脚本:山内ケンジ
2011/日本/106分 配給:ギークピクチュアズ
8/24(金)〜8/26(※金、土、日 限定上映
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目
12:3014:25 14:4016:35 16:5018:45 19:0020:55
入場料金 前売券1300円 、当日券1700円
 [公式HP]
 『ルート・アイリッシュ』
ルート・アイリッシュ
現代の名匠ケン・ローチ監督が男たちの感動的な友情を描きだした最新作
2007年、リバプールの教会ではひとりの兵士の葬儀が行われた。その葬儀に参加したファーガス(マーク・ウォーマック)はやりきれない思いを抱えながらそこにいた。死んだ兵士、フランキー(ジョン・ビショップ)はファーガスの最も大切な友人だった。5歳の時に出会ったふたりの夢は「世界をまわること」。マージー川を行き来するフェリーに乗った彼らは、世界への夢をふくらませながら育った。そして、大人になったふたりは兵士としてイラク戦争に参加し、皮肉にも憧れていたはずの世界に踏み出すことになった。  フランキーが亡くなった日、ファーガスの電話に彼のメッセージが残されていた。「大事な話だ。今夜でないとだめだ。電話がほしい」。しかし、ファーガスはその電話に答えることができなかった。関係者の話によると、フランキーはイラクで最も危険なエリア、ルート・アイリッシュでの車の炎上のため、帰らぬ人となったという。しかし、そんな関係者の説明をファーガスは信じたくなかった。フランキーは彼にとって兄弟同然の存在だったからだ。葬儀で深い悲しみに暮れていたのはファーガスだけではない。残されたフランキーの美しい妻、レイチェル(アンドレア・ロウ)も、突然の死に衝撃を受けていた。 
監督:ケン・ローチ
2010年/イギリス・フランス・ベルギー・イタリア・スペイン/109分 配給:ロングライド
9/7(金)〜9/9(※金、土、日 限定上映
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目
11:0013:00 13:1515:15 15:3017:30 19:0021:00
入場料金 前売券1300円 、当日券1700円
 [公式HP]
 『ブラック・ブレッド』
ブラック・ブレッド
大人の嘘が、僕を悪魔にしていく
舞台は激しい内戦を終えた1940年代のスペイン・カタルーニャ。勝ち組と負け組が共存して暮らし、戦いの傷跡が生々しく残るこのカタルーニャの森で、11歳の少年アンドレウは血まみれになった親子の遺体を発見する。彼らが最期の瞬間に遺したのは「ピトルリウア」という謎の言葉。それは子どもたちの間で語り継がれる、洞穴に潜んだ翼を持つ怪物の名前だった。だが、最愛の父に殺人の容疑がかけられた時から、アンドレウの世界は音を立てて崩れはじめる。警察の追及を逃れるため、姿を消した父。安全のために祖母の家へ引き取られたアンドレウは、そこで大人たちがひた隠しにする惨たらしい現実を目の当たりにする。小学校の教師と関係を持つ指先を失った従姉。裸で森をさまよう美しい青年。そして激しい戦いを生き延びるため、嘘を積み重ねて暮らしてきた村の人々。理想を失わない父の姿に誇りを抱いてきたアンドレウは、やがてさまざまな謎が明らかになるにつれて、おそろしい事実を知ることになる。 
監督:アグスティー・ビシャロンガ
2010/スペイン・フランス合作/113分/PG12 配給:アルシネテラン
9/14(金)〜9/17(※金、土、日、月 限定上映
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目
11:0013:05 13:2015:25 15:4017:45 19:0021:05
入場料金 前売券1300円 、当日券1700円
前売特典 (スペインで大人気!)チョコレートドリンク「コラカオ」  (※数量限定 劇場窓口のみの特典) 
 [公式HP]
鈴木清順監督特集“浪漫三部作”
鈴木清順監督特集“浪漫三部作”
鈴木清順監督“浪漫三部作”
原田芳雄、松田優作、沢田研二を主演に迎えた<清順美学>の頂点、一挙リバイバル公開!
配給:リトルモア、マジックアワー
 ツィゴイネルワイゼン(原田芳雄主演) 生と死、時間と空間、現実と幻想の間を彷徨い、極彩色溢れる〈清順美学〉の代表作。 1980年/シネマ・プラセット/144分
 陽炎座(松田優作主演) 美しい女たちの愛憎の渦に翻弄され、現世ともあの世ともつかぬ怪しい世界を彷徨う。 1981年/シネマ・プラセット/139分
 夢二(沢田研二主演) 大正浪漫を象徴的に生きた竹久夢二。画家ゆえの苦悩に悶えながら、色香を漂わせる。 1991年/荒戸源次郎事務所/128分
9/21(金)〜9/23(※3日間限定上映 
上映スケジュール詳細はこちら 
入場料金当日券・一般1500円、前売券1200円(3回券は3000円)
前売特典 特製ポストカード  (※数量限定 劇場窓口のみの特典) 
 [公式HP]
 『オレンジと太陽』
オレンジと太陽
母と引き離され海を渡った13万人の子供たち。
英国最大のスキャンダルといわれる“児童移民”の真実を明らかにし、幾千の家族を結びあわせた一人の女性の感動の実話
イギリス、ノッティンガム。1986年。マーガレット・ハンフリーズの仕事はソーシャルワーカー。ある夜、見も知らぬ女性シャーロットから、「自分が誰なのかを知りたい」と訴えられる。シャーロットはノッ ティンガムの児童養護施設にいた4歳の時に、数百人の子どもたちと一緒に船に乗せられ、オーストラリアに送られたという。親も保護者もなしに養子縁組でも なく、子供たちだけを船でオーストラリアに送るなんて。さらに別の女性ニッキーからも興味深い話を 聞く。数年前届いた“多分、僕はあなたの弟です”と伝える手紙。彼女の弟ジャックも、シャーロットと同じようにオーストラリアへ連れて行かれ、姉の居所を ようやく探し出して手紙を送ってきたのだ。それをきっかけにマーガレットは調査を始めた。すると、死んだと聞かされていたシャーロットの母がまだ生きている事実を発見。しかも、驚くべき事に、シャーロットの母は、娘はイギリスの養父母にもらわれたと信じていて、オーストラリアに送られたことなどまったく知らなかった。
 名匠ケン・ローチを父に持つジム・ローチ監督、待望のデビュー作!
監督:ジム・ローチ
2010年/イギリス映画/106分 配給:ムヴィオラ
9/28(金)〜9/30(※金、土、日 限定上映
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目
11:0012:55 13:1015:05 15:2017:15 19:0020:55
入場料金 前売券1300円 、当日券1700円
 [公式HP]
 『キリマンジャロの雪』
キリマンジャロの雪
たとえ貧しくともやさしい心さえあれば たとえ貧しくとも思いやる心さえあれば 世界はあたたかい
港町マルセイユに暮らす、結婚30周年を迎えた夫婦。アフリカ・キリマンジャロへの記念旅行を前に強盗に押しいられる。犯人は夫の元同僚でリストラされても幼い弟2人を一生懸命に養っている青年だとわかり、夫婦はそれぞれある決断をする。人間を信じ、善良なる魂を描いたフランスで大ヒットを記録した感動作。
監督:ロベール・ゲディギャン
2011年/フランス/カラー/107分 配給:クレストインターナショナル
10/5(金)〜10/14(10日間連続1日2回上映
上映時間 (入替上映) 1回目 2回目
11:0012:55 15:4017:35
入場料金 前売券1400円 、当日券1700円
 [公式HP]
 『きっと ここが帰る場所』
きっと ここが帰る場所
人生は美しさで満ちている だけど、時々、何かが変だ・・・
シャイアンは、かつて絶大なる人気を誇った、ロック界のスーパースター。なぜか、ある時を境に、一切表に出ないようになった。アイルランドの広大な邸宅 で、消防士として働く妻とゲーム“ハイアライ”を楽しむだけ。そんな平穏な生活をおくるシャイアンに、故郷アメリカから「父危篤」の報が。飛ぶのが嫌いな シャイアンは船でニューヨークへ向かうが、時すでに遅し。生前の父に会えなかった。茫然自失のシャイアンに、予想もできない運命が待っていた…。
 主演:ショーン・ペン
監督:パオロ・ソレンティーノ
2011年/イタリア,フランス,アイルランド合作/カラー/118分/スコープサイズ 配給:スターサンズ/セテラ・インターナショナル
10/5(金)〜10/14(10日間連続1日2回上映
上映時間 (入替上映) 1回目 2回目
13:1515:20 17:5520:00
入場料金 前売券1300円 、当日券1700円
前売特典 特製ポストカード  (※数量限定 劇場窓口のみの特典) 
 [公式HP]
 『ファウスト』
ファウスト
不朽の名作「ファウスト」の壮大な物語を圧倒的な映像美で描く 巨匠アレクサンドル・ソクーロフ監督最新作!!
19世紀初頭、神秘的な森に囲まれたドイツの町。あらゆる地上の学問を探求したファウスト博士は、研究をつづけるために悪魔と噂される高利貸マウリツィウ スのもとを訪れる。お金は貸さないが、生きる意味を教えると囁くマウリツィウスに導かれるまま町へと繰り出したファウストは、純真無垢なマルガレーテと出 会う。マルガレーテの美しさに一目で心奪われたファウストは、彼女を求めて自らの魂と引き換えにマウリツィウスと契約を結ぶ…。
  ?■2011年ヴェネチア国際映画祭:金獅子賞(グランプリ)受賞
監督:アレクサンドル・ソクーロフ
2011年/ロシア/ドイツ語/140分 配給:セテラ・インターナショナル
10/19(金)〜10/21(※金、土、日 限定上映
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目
11:0013:30 13:4016:10 16:2018:50 19:0021:30
入場料金 前売券1300円 、当日券1700円
前売特典 特製ポストカード  (※数量限定 劇場窓口のみの特典)
 [公式HP]
 『スープ〜生まれ変わりの物語〜』
スープ?生まれ変わりの物語?
父娘の絆が生死を超える! 心に沁みわたる究極の愛の物語。
妻と離婚し、娘と二人暮らしのサラリーマン渋谷健一は、出張中、落雷に遭遇し、上司の綾瀬由美と共に、あの世に行ってしまう。気が付いた時には、二人は死後の世界。その日は、渋谷の娘、美加の誕生日だった。妻と離婚後、お互いぎくしゃくした関係だった。せめて、もう1度娘と会って、大切な言葉を伝えたい渋谷は、飲むと生まれ変われるスープがある事を知る。しかし、生きていた時の記憶は一切なくなってしまう…。
監督:大塚祐吉
2012年/日本/117分 配給:東京テアトル
10/26(金)〜10/28(※金、土、日 限定上映
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目
11:0013:05 13:2015:25 15:4017:45 19:0021:05
入場料金 全国共通前売券1300円 、当日券1700円
※来場者プレゼント、抽選により「スープ」オリジナルサウンドトラック 
 [公式HP]
「スープ」オリジナルサウンドトラック当選者はコチラ  
 c2012「スープ」製作委員会
 『プリンセス・カイウラニ』
プリンセス・カイウラニ
ハワイ王朝最後のプリンセス― 母国への思いと命をかけた恋…いま明かされる真実の物語。
ハワイ王朝最後のプリンセスとなったヴィクトリア・カイウラニ。彼女は、1875年カラカウア王の妹とスコットランド人との間に生まれた。美しい王女として育ったが、13歳でイギリスに留学しイングランドの青年と恋におちる。しかし、カラカウア国王が亡くなり、クーデターが起きて祖国は混乱を極めたため、カイウラニはアメリカ大統領にハワイ王朝の存続を認めさせるためアメリカに向かう…。わずか23歳で亡くなった悲劇の王女カイウラニ。母国への想いと命をかけた恋。いま明かされる真実の物語。
監督・脚本:マーク・フォービー
2010年/アメリカ/98分 配給:アニー・プラネット
11/2(金)〜11/4(※金、土、日 限定上映
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
11:0012:45 13:1515:00 15:1016:55 17:0518:50 19:0020:45
11月3日は、1回目の上映終了後にフラダンスショーがあります。
(当作品の半券か前売券のご提示で、入場無料)
入場料金 全国共通前売券1300円、当日券1700円
前売券 SOLD OUTにつき、当日券でご入場ください。
 [公式HP]
 
  『8 1/2』
8 1/2
巨匠フェデリコ・フェリーニの最高傑作!
今も数多くの映画作家に多大な影響を与え続けるイタリアの巨匠監督、フェデリコ・フェリーニの最高傑作と言われる。2008年リバイバル上映時の完全修復ニュープリント版。創作に行き詰まった映画監督は療養のため湯治場にやってくる。だが、愛人や妻との生活、仕事から逃れることが出来ない。少年時代の思い出がよみがえり、理想の若い女性が幻想となって見えて……。やがて周辺のすべてを受け入れ、仕事に復帰する。
監督:フェデリコ・フェリーニ
出演:マルチェロ・マストロヤンニ、クラウディア・カルディナーレ、アヌーク・エーメ 
1963年/イタリア/138分/B&W/ヴィスタ 配給:ザジフィルムズ
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目
11:0013:25 13:4016:05 16:2018:45 19:0021:25
11/9(金)〜11/11(※金、土、日 限定上映
入場料金 前売券1300円 、当日券1700円
 [公式HP]
 
 『ニーチェの馬』
ニーチェの馬
"人間の尊厳"を追求する 深遠な黙示録が、今幕を開ける
『倫敦(ロンドン)から来た男』などのハンガリーの異才タル・ベーラが監督を務め、たった二人の父娘の孤独な日々を描いた深遠なドラマ。世界から取り残されたような場所で、重労働に追われつつ単調な暮らしを繰り返す彼らの姿をモノクロームの映像で描き切る。主人公の二人を演じるのは、『倫敦(ロンドン)から来た男』にも出演したボーク・エリカとデルジ・ヤーノシュ。ドイツを代表する哲学者ニーチェがトリノで発狂した逸話を基に描かれる独特の世界観に引き込まれる。
 ■ 第61回ベルリン国際映画祭 銀熊賞(審査員グランプリ)
監督:タル・ベーラ
2011/ハンガリー・フランス・スイス・ドイツ合作/154分 配給:ビターズ・エンド
上映時間 1回目 2回目 3回目
13:0015:40 16:0018:40 19:0021:40
11/16(金)〜11/18() 11/23(金)〜11/25(※金、土、日 限定2週上映
入場料金 前売券1500円 、当日券1700円
 [公式HP]
 
 『だれもがクジラを愛してる。』
だれもがクジラを愛してる。
1988年、極寒のアラスカで起きた実話を元に描かれた感動の物語
88年10月、アラスカの地方テレビ局でレポーター兼ディレクターとして働くアダムは、氷海の小さな穴にとらわれた3頭のクジラを見つける。その様子をニュースとして放送すると瞬く間に全米に広まり、アダムの元恋人で環境保護団体職員のレイチェルも駆けつける。会社の宣伝になると踏んだ石油会社が資材を提供し、報道陣も押し寄せるなど、現場はさまざまな思惑と熱気に包まれていくが……。
監督:ケン・クワピス
2012/アメリカ/107分 配給:東宝東和
11/30(金)〜12/2(※金、土、日 限定上映
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
10:4012:35 12:4514:40 14:5016:45 16:5518:50 19:0020:55
入場料金 前売券1300円 、当日券1700円
 [公式HP]
 
 『あの日 あの時 愛の記憶』
あの日 あの時 愛の記憶
運命に引き離され、運命に引き寄せられたふたり。
信じられないような実話から生まれた、衝撃のラブストーリー。
いとしい声が、私を呼んだ。1944年 ポーランド強制収容所で恋に落ち脱走した恋人たち。1976年 ニューヨークテレビから聞こえてきた声は、生き別れたあの人のものだった。今、甦る。 美しくも過酷で 哀しい愛の記憶――。実話に基づく衝撃のラブストーリー。
監督:アンナ・ジャスティス
2011年/ドイツ/111分 配給:クレストインターナショナル
12/7(金)〜12/9(※金、土、日 限定上映
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
10:4012:35 12:4514:40 14:5016:45 16:5518:50 19:0020:55
入場料金 全国共通前売券1500円 、当日券1700円
 [公式HP]
 
 『それでも、愛してる』
それでも、愛してる
うつであっても、大丈夫。夫婦と家族、これからも ずっと いっしょに。
メレディス・ブラックはエンジニアの仕事を持つ2児の母。夫ウォルターは、おもちゃ会社の2代目社長だが、ひどいうつ状態はもう2年にわたり、彼女は仕事に家事に夫の世話にと大忙しだ。しかも息子たちは学校でいじめに合い、家族バラバラの危機に直面。そんなある日、ついに会社に行けなくなった夫が、ゴミ箱に捨てられていたぬいぐるみのビーバーに出会ったことから、奇跡が起こる─。
監督:ジョディ・フォスター
2011/アメリカ/91分 配給:ツイン
12/14(金)〜12/16(※金、土、日 限定上映
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
11:4013:15 13:3015:05 15:2016:55 17:1018:45 19:0020:35
入場料金 前売券1300円 、当日券1700円
前売特典 サルビア花の種  (※数量限定 劇場窓口のみの特典) 
 [公式HP]
 
 『「わたし」の人生(みち) 我が命のタンゴ』
「わたし」の人生〜我が命のタンゴ〜
すべてを忘れてしまっても、このステップがまた私たちを繋げてくれる。
それまで主婦として家事や育児に追われてきた百合子(秋吉久美子)の子どもも成長し、ようやく自分の時間が持てるようになる。彼女がずっと夢見てきた大学教授への道を歩もうとしていた矢先、父親(橋爪功)が認知症だと判明する。家族がその重い現実に押しつぶされそうになっていたとき、百合子は認知症の「家族の会」があることを知る。
監督:和田秀樹
2012/日本/104分 配給:ファントム・フィルム
12/21(金)〜12/24(※金、土、日、月 4日間限定上映
上映時間 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
11:0012:45 13:0014:45 15:0016:45 17:0018:45 19:0020:45
入場料金 前売券1300円 、当日券1700円
 [公式HP]
 


2003年
上映作品
2004年前期 2005年前期 2006年前期 2007年前期 2008年前期 2009年前期 2010年前期 2011年前期 2012年前期
2004年後期 2005年後期 2006年後期 2007年後期 2008年後期 2009年後期 2010年後期 2011年後期 2012年後期